キャパシティ

仕事量が自分の処理能力を超えたとき、キャパオーバーなどというらしい。

人に頼めばとりあえず解決するわけだが、頼み方を考えなければかえってトラブルになってしまい、頼まなかった方が仕事量が増えなかったのに、などという場合がある。

自分ができることをそのまま忠実に、自分と同じ理解がされるように伝えなければ、自分の仕事を踏襲してもらうことはできない。

教え伝える時間すら貴重ではあるが、ここを省略すると、やって欲しいことをやってもらえず、結局どこまでやってもらえたかをチェックしたり、やり損ねをフォローしたりして余計に時間をとられることになるので、省略することはできない。

人選も重要だ。できるだけ快く引き受けてくれて、なおかつ有能な人に頼む必要がある。それにより教え伝える時間が短縮できる。

また、頼む仕事の内容はその人が好きな内容のものなのかどうか?これはその人に聞くことはできないし、聞いたところで「大丈夫です」としか言わないだろう。ジャンケンをする前に手を聞くようなもので、聞かないのが大人であり粋というものだろう。

有能だから、ということに甘えてその人が嫌いなことばかり頼んでいると、いつかモチベーションの低下や退職という取り返しのつかない結果とともに有能な人材を失うことにもなる。

毎日の仕事の合間の雑談などからその人の能力はもちろん、性格や好みなどを探っていくなかで、頼んで問題ないかを考えていくという下準備を、つね日頃からやっておかなければならない。

一人では仕事ができない職種のひとは、頼める人がいるかどうかが仕事の成果や満足度を大きく左右する。

仕事のキャパシティが、頼める人の存在によって広げられれば会社のキャパシティも広がっていくのではないだろうか。

人は財産であり、それ以上の存在である。つねに感謝を忘れずに、気持ちの良い人と気持ちの良い仕事がしたいものである。



ページトップ