ストレス

現代社会で働く者にとってストレスは切っても切り離しがたい存在だ。

趣味や暇つぶしのスタンスで仕事をできる者にとってはストレスを感じることはないかもしれないが、そういうある意味恵まれた人は少数で、多くの人は必要に迫られて仕事をしているのが実情だろう。

仕事を楽しもう、と言った啓発は腐るほどあるが、腐るほどあるのは、実際のところ仕事はそう簡単に楽しめるものではないからに他ならない。

つまり、多くの人は何らかの形でストレスを感じ、溜まったストレスを解消する必要がある。

人間の三大欲求として食欲、性欲、睡眠欲がある。他にも承認欲求やら支配欲求やらいろいろあるが、どれも他人や環境に依存するものになるので、あてにならない。

この三大欲求をより高い次元で満たすことが、ストレス解消の基本になるのではなかろうか。

どれもコスト次第といってしまうと身も蓋もないし、いろいろ問題もある。それができれば苦労はしない、とも言える。

コストをかけずに如何に楽しくストレス解消できるか、が面白いし人生の醍醐味とも言えよう。

端的に表現するなら、トップではなくナンバー2あたりを目指すというところか。

どれだけ手間暇をかけたところで最高級のフルコースを超える料理は素人には荷が重かろう。他の2つもまた然りである。

自分の現在の身の丈に合ったストレス解消法をいろいろ工夫することだ。

工夫することは、慣れないうちは面倒に感じることもあるが、慣れてしまうと、仮に目標に達することがなくても、工夫すること自体が楽しくなっていく。そこまで到達すると過程自体が楽しく、ストレス解消になってくるので怖いもの無しである。

 



ページトップ