リゾートでする3つのこと

久しぶりにリゾートに行ってきた。リゾートといえば海、プール、買い物といったところか。今回のリゾートは海とプールと温泉だ。せっかくリゾートに来たのだから、それを満喫するためにどうすべきかを考えてみたい。どうせ何もしないわけだし。

⑴本能に従う

場所が変わるだけで、普段と同じことをやっていても気分が変わる。食べて飲んで寝るだけで十分、非日常を感じ、解放された気分になる。それがリゾートの醍醐味だと思う。

⑵お金や健康のことは忘れる

あえて変わるところといえば食べて飲むときのメニューとコストが変わるくらいか。毎日こんなものを食べて飲んでいたら病気になり、破産するだろうという食生活。それもリゾートという非日常空間がそうさせるのだろう。1ヶ月以上となれば話は別だが、3日や4日のことなら、細かいことは忘れよう。そして、忘れられるだけのお金を持って、健康管理に気をつけてから行こう。

⑶TVやネットは極力見ない

あまりにも何もしないものだから、風景を写真に撮ったりもしてみるが、それをSNSにアップしたりはしない。スマホも極力いじらない。

せっかく非日常感を味わっているのに現実とつながることでその気分が薄れてしまうから。

多分本当は、日常、非日常と分けたりせずに、日常がリゾートだといえるような生活を送ることができれば、こんなこだわりも持たないですむのかもしれない。

この世にはいろいろな自由がある。お金にとらわれない自由、時間や規則に縛られない自由、その他にもいろいろある。それらの自由度を実生活の中で上げていければ、毎日がリゾートだといえるような暮らしができるようになるかもしれない。

現実に帰ったらそれを目指して頑張らなければ。そう思わせられた休日だった。

 

 

 

 



ページトップ